ブログネタ
ライトノベル2 に参加中!
個人的に読んで面白かったな~っていうのを1作品あげていこうと思います。

かなり有名でアニメにもなった

狼と香辛料はかなりおススメできます!(。・ω・)ノ゙
狼と香辛料 (電撃文庫)
支倉 凍砂
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2006-02-10


中世ヨーロッパ? で主人公ロレンスは旅の商人で将来は
自分の店を持とうと思っています。
あるときヒロイン、豊穣の神である狼、人間の姿では美少女ホロ。と出会います。
そして色々あって二人は旅をするーーといったものがざっくりとした内容です。

なぜ個人的によかったといいますと、経済というあまりライトノベルでは

扱われてなかった要素を取り入れているという点です。

もちろん、内容も伴っていてホロの花魁口調と挿絵とアンバランス感も

素敵すぎます。

経済とは数学的なものが含んでいて中々分かりにくい、学問ですが

これを読んだら、金の流れだったり、貨幣の価値だったりが少しでも

分かるのではないでしょうか。

物語としても秀逸なので読む価値はおおありです(*・ω・)ノ