ブログネタ
ミステリ小説 に参加中!



少し前までドラマ放送で高い視聴率を獲得しているので

知っている人は多いと思います。

元々は小説で逢坂 剛氏の作品です。
氏は直木賞や日本推理作家賞、冒険小説協会賞などを
受賞している、日本を代表するミステリー作家です。

この小説どこが素晴らしいかと申しますと、
主人公であるく倉木の視線では一切書かれていない所
なのです。
倉木以外の人物から、爆弾テロ事件を多面的に
書いているのです。

ストーリーは倉木は妻である珠江を爆弾テロで亡くしてしまう。
倉木は自分の上司からも捜査を外れるように言われるが
独自で捜査を行う、そこから色々な人間模様、謀略、策略
が後半になればなるほど見えてきます。

小説を書くにあたって”視線のぶれ”、というのはどうしても致命的になってしまいます。

小説家希望の方は一度読んでみてはいかがでしょうか。

勉強になると思いますよ。

もちろんストーリーも良いのでサスペンス系が好きな人にとっては
満足していただけると思います。