傭兵ピエールを書いたのは佐藤賢一氏で1999年第121回直木賞を『王妃の離婚 』で受賞している。
 
氏は様々なヨーロッパの歴史小説を書いているが特にフランスの歴史が多い。

さて、傭兵ピエールのストーリーだが主人公ピエールは、悪逆非道をつくす傭兵団の頭領を務めている。

シェフ殺し(傭兵隊長)というあだ名を持つピエールがラ・ピュセル(ジャンヌダルク)と出会い少しずつ、

イギリスからフランスを奪い返すために一緒に戦っていく。

二人は少しずつ引かれ合い――しかし……。

ざっと説明をするとこんな感じであろうか。

ピエールの喜怒哀楽に満ちたキャラクター描写がとても魅力的だ。

活字が苦手な人にはマンガもあるので是非!