大沢在昌氏は日本ハードボイルド界の重鎮でも現在でも人気作家としての地位を維持し続ける

作家の御一人です。   

氏が世に出るきっかけになったのが、新宿鮫です。


 
初版が1997年に発表され今もなお売れ続けている不朽の名作です。

警部である鮫島は自分が逮捕した銃密造の天才、木津を追っていた。木津を追っている最中に

警官が射殺されるという事件が起こる。

鮫島は木津の密造銃が使われた事を知り、木津を追いかける。

そして最終的には、鮫島の恋人でもある晶の身に危険が降りかかってしまう。


・物語は二段階的に造られていて、最初の事件が解決してももう一つの事件が発生するという

読者に息をつかせる間もないほどの緊迫感を与えてくれます。

ミステリー、特にハードボイルド系が好きな方にとっては十二分に楽しめる作品になっています。